飼い主に忠実な豆柴

忠犬ハチ公が、それを物語っています。

小豆柴・豆柴も柴犬には違いなく、ただ飼い主に忠実な。

主人に忠実で従順なのが、日本犬の特長です。それを証明しているのが、何方もご存じの『忠犬ハチ公』です。当時の朝日新聞の記事を紹介します。

いとしや老犬物語 〜今は世になき主人の帰りを待ち兼ねる七年間

東横電車の渋谷駅、朝夕真っ黒な乗降客の間に混って人待ち顔の老犬がある、秋田雑種の当年とって十一歳の――ハチ公は犬としては高齢だが、大正十五年の三月に大切な育ての親だった駒場農大の故上野教授に逝かれてから、ありし日のならはしを続けて雨の日雪の日の七年間をほとんど一日も欠かさず今はかすむ老いの目をみはって帰らぬ主人をこの駅で待ちつづけてゐるのだ、ハチ公にとっては主人の死などはあり得ない事実に違ひないのだ、行きずりの人々もいつしかこの事情を知って、ハチ公の心根を憐れみ売店でコマ切れや何かを買い与へて慰めてゆく人もある、浅草辺の人が一度上野氏の家族からもらって養育したことがあるさうだが、渋谷の土恋しくその日のうちに一目散ににげかへって来て、今では近所の植木屋さんが飼主となり、ハチ公の死後の埋葬料までついてゐるといふ話.

この人気もののハチ公の、も一つの美徳は喧嘩の仲裁だ。弱いもの虐めをしてゐる犬があるとハチ公は黙ってその巨大な背中を喧嘩の真中へ割りこんで行く、それでもきかぬ強気な奴に対してはアングリ一かみ、だが尻っ尾をまいてにげて行くのは決して追はない――とは一寸風変りな親分である

(1932〈昭和7〉年10月4日付 東京朝日 朝刊8面)

小豆柴、豆柴も小さいだけで柴犬・日本犬なのです。

シロくん生来の基本的性格は同じです。ただ異なるのは大きさです。大型の秋田犬は主として熊等の大きな獲物猟犬、中型犬の紀州犬等は主として猪等猟犬、小型の柴犬は狸や狐等狩猟犬、柴犬の中でも、今でいう豆柴犬は穴熊等の巣穴にまで侵入できる小獣猟犬として、その昔からそれぞれ狩猟犬として活躍していたことも共通しています。それだけに勇敢な犬でもあるのです。

したがって、小豆柴も豆柴も飼い主には忠実な犬、しかも家族の一員として期待に応えてくれます。ただし、飼い主はあくまでボスと認められるだけの威厳を示すとともに、絶対の信頼を得る愛情を注ぐことが望まれます。