富士野荘について

ご挨拶にかえて

豆柴との出会い

1954年頃の初冬、信州で一匹の小さな柴犬に出会いました。それが富士野荘における豆柴の原点です。

小さな柴犬に出会いたくて、その日私は、信州を巡っていました。まだ11月に入って間もないというのに、途中で雪に降られ、チェーンを求めて小さなガソリンスタンドに立ち寄りました。そこに駐めてあった車の中にいた小さな犬に目が行き、興味の湧くまま、よく見せていただき、話も聞くことがでました。

これぞ正しく、昔からいたとされ、話には聞いていた尺(30.3cm)以下の小さい柴犬でした。私はこれを探し求めていたのです。車の中に横たわる狸の横に寝そべるその誇らしい表情、自信に満ちた目の輝きは、今でも脳裏に焼き付いて離れません。狸は、その小さな柴犬の活躍で仕留められた獲物だったそうです。

さらにその後も、小柴探しの全国行脚は続きました。

豆柴の時代

当時の日本では、犬は外で飼うのが普通で、室内で飼うのは珍しいことでした。しかし私は、洋犬人気とともにいずれ室内飼育が普通になり、さらに洋犬より柴犬、それも室内飼育に適した小柴(今で言う豆柴)の時代が到来すると確信していました。

そう確信できたのは、実際に私自身が豆柴を飼っていて、その良さを実感ていたからです。豆柴こそが、家庭に幸せを運び心に潤いをもたらす犬であり、家族の一員として相応しいと感じていたからです。私の予想どおり豆柴の人気は高まり、豆柴への憧憬は愛犬家の中に浸透しました。

それは文化そのものです。人々の生活様式は時代とともに変革を遂げます。「犬は外で飼うもの」の時代から「犬は室内で飼ってあたり前」の現代が既に訪れているのです。『番犬』から『家族の一員』と、時代は大きく変遷したのです。

トラブルと現状

残念なことですが、「豆柴を買ったのに普通の柴犬よりも大きくなってしまった」という話は枚挙にいとまがありません。近年では、豆柴人気に便乗した業者がオークション等で仕入れた発育不良の柴犬を買付けて豆柴として売る、といった事例も発生しています。

こうしたトラブルが絶えない理由は、豆柴の人気の高さはもちろんですが、加えて公的な犬種分類において「豆柴」という犬種は存在していないという事情もあります。豆柴とは現状、柴犬の標準体高を満たしていない小さな柴犬の便宜的な呼称にすぎません。

そこで繁殖業者によっては、豆柴の作出にあたり、他の小型犬との交配したり、過剰な近親交配を繰り返す、などの問題のある繁殖を行っているところもあるようです。これでは心身ともに健康な犬の繁殖は難しいでしょう。こうした事情から「豆柴の作出は柴犬の血統を乱す」という人もいます。

一方で、豆柴と言われる大きさの柴犬が存在していることもまた、動かし難い事実です。実際に存在する以上、「豆柴と言う犬はいません」などと排他的なことばかりは言っていられません。

本物の豆柴

柴犬の標準体高を制定した昭和9年(1934年)9月当時から、その標準以下の犬も、それを超える犬も存在していました。既に登録されていたこれらの柴犬も含めて制定した標準ですから、それ以下の柴犬がいても当然のことです。つまり小さな柴犬は昔から存在したということです。

そうした豆柴同士を、何代も何代も交配を重ね、作出してきたのが所謂「本物の豆柴」です。豆柴の繁殖者には、通常以上に深い知識と経験、それに技術や設備、そして何よりも、長年にわたる深い愛情が求められます。

豆柴犬は「小型の柴犬」です。体が小さければそれだけで良いと言う事にはなりません。小さいことは当然のこととして、柴犬と言うからには、性能、体型共に柴犬の特徴をすべて備えていなければなりません。そしてもちろん健康でなくてはなりません。

当舎の取り組み

当舎では豆柴の作出にあたり、他の犬種の血を入れて小さくしているわけではありません。もともと柴犬の中に現存していた小さいサイズの柴だけの交配を重ねているのであって、決して血統を乱すものではありません。過剰な近親交配もありません。

富士野荘におきましては、富士の裾野という大自然に恵まれた絶好の環境のもと、健康で優れた「豆柴」の増殖に努めて参りました。

その結果、業界初の満一歳までの生命保証制度、同じくサイズの保証、並びにお迎え後一か月間の診療費補償制度等など確立しました。毎月の豆柴子犬誕生頭数は日本一を維持しており、迎え入れていただいた多くのお客様から喜びの声が続々と届いております。

そしてその延長線上に、更に改良した『小豆柴』の誕生を見たのです。

地図およびアクセス方法

地図(Google Map で表示

静岡県裾野市千福が丘3-14-16

鉄道または高速バスをご利用の方は最寄り駅(裾野駅)または高速バス停(東名裾野または千福下)まで送迎いたします。来舎ご予約のうえ到着日時をご連絡ください。突然ご来舎されても対応できません。必ず事前に所定の手続きをなさったうえ、ご来舎予約をお願いします

お車をご利用のお客様

関東方面からお越しの場合
東名高速道路 裾野IC 下り出口より 7.3km、およそ15分(地図
関西方面からお越しの場合
東名高速道路 裾野IC 上り出口より 7.3km、およそ15分(地図
新東名高速道路 長泉沼津IC 上り出口より 11.4km、およそ20分(地図

鉄道をご利用のお客様

JR御殿場線 裾野駅
裾野駅より車・タクシーで15分位
JR新幹線 三島駅
東海道本線 三島駅→沼津駅…(乗り換え)…御殿場線 沼津駅→裾野駅
三島駅より車・タクシーで25分位

高速バスをご利用のお客様

東名ハイウェイバス(JRバス関東株式会社)
『東名裾野』停留所にて降車(詳細
富士急行(株)
沼津〜新宿・渋谷線(さんさんぬまづ・新宿号)『千福下』停留所にて降車(詳細
三島〜新宿・渋谷線(みしまコロッケ号)『裾野市民文化センター前』停留所にて降車(詳細
沼津〜東京駅線(さんさんぬまづ・東京号)『千福下』停留所にて降車(詳細

譲渡条件について

家族の一員としてお迎え下さる方へ、直接お譲りします。但し、下記条件を全て満たしていることが条件となります。尚、お申し込みいただいても、応じられない場合もあります。

  1. 家族全員が真の愛犬家であること
  2. 生涯、家族の一員として可愛がっていただけるお約束をしてもらえること
  3. 年1回のワクチン接種、及び夏季のフィラリア投薬を行ってもらうこと
  4. 当舎から説明指導する飼育要領をお守りいただけること
  5. その他、当舎が指導する一切の飼育指導を守りいただけること

下記の条件に該当する場合は、お譲り出来ません。最近、ペットショップ様等からのお問い合わせが目立ちますので予めお断りしておきます。

  • 上記のお譲り条件を満たさない場合
  • ペットショップ様や「ブリーダー直送」等の販売斡旋・仕入販売をされているネット通販業者様、及び、その他販売目的の場合

最終更新日: