豆柴ご購入の手引き

予算別購入作戦/どんなに少ない予算でも豆柴を買うことは出来ます。

豆柴を求められる方には、予算にはこだわらない、最高レベルの小豆柴・豆柴が欲しいという方、これくらいの予算で抑えたいという方、いろいろです。一番多いのは普通程度か、普通程度よりも少し上を希望される方です。価格は普通程度の豆柴の子犬(赤・オス)で、個体価格:下限30万円+消費税~くらいからとなりますが、それ以下の豆柴もいます。子犬に拘らなければ10万円でも、また5万円でも買えるの豆柴犬もいます。あくまで、ご自分の条件に合った選び方をすれば良いです。

また、すぐ連れて帰れる豆柴犬のいる場合もございます。詳細はこちらをご覧ください。

豆柴犬とその子犬

普通程度の豆柴の子犬は30万円~です。

個体価格については、

母犬豆柴の子犬(赤・雄)の個体価格は、  下限:30万円~
母犬極小豆柴の子犬(赤・雄)の個体価格は、下限:35万円~

※レベル上の極小豆柴なら50万円~となります。
※毛色は赤→黒→白の順に、価格が上がります。

個体価格に消費税が加算されます。

その何れも8種混合ワクチン接種済、約半月の社会性訓育を受けた生後2か月渡しの子犬です。
富士野荘では2か月未満の若日齢子犬は、一切、引渡しておりません。

社会化はそれでも不十分なのです。そのため、富士野荘では3か月までの社会性訓育及び初歩訓練、並びにワクチン追加接種済渡しをお勧めいたします。
更に、去勢・避妊手術完了及び狂犬病予防注射済渡しであれば、より理想的です。
ただし、これ等の費用ば別料金となります。詳細は子犬情報をご覧下さい。
豆柴子犬

5万円・10万円以下、10万円~買える豆柴もいます。

豆柴は飼いたいが、予算はこの範囲に抑えたい、とお考えの方のご要望にもお応え出来る入手法もあります。ただし、主として年齢3歳~4,5歳以上の繁殖リタイヤ犬、繁殖用に育成したものの、途中で不向きと判定した1歳前後の若犬、その他の若犬や子犬等です。ご参考までに繁殖リタイヤ犬をお飼いになられた方の体験談をご覧くさい。

豆柴子犬

TOPへ


最終更新日: