適正な豆柴の価格は? 安く買う方法は?

豆柴の価格は、体型、大きさ、性格、血統などの犬そのものが持つ資質によるランクと、ブリーダーにおける繁殖の状況や訓練など引き渡し前の環境、そして各種保証などのアフターサービスによって決まります。安く売られているものにも、高く売られているものにも、それぞれ理由があるということです。また、質のよい犬を安く買う方法もあります。ここではそうした豆柴の価格についてご説明します。

価格の決まり方

競争馬・サラブレッドの値段は、数十万円のもいれば、何億円のものもいるように、生き物は工業製品と違い、個体ごとの差の非常に大きいものです。豆柴犬にも要件ごとのランクがあり、またブリーダーの方針や形態によっても価格は変化します。ここではそうした価格の決まり方についてご説明します。

価格の構成要件

価格を構成する要件として主に用いられているのは以下の各項です。これらの各項ごとにランクがあり、その組み合わせで子犬の価格が決まります。購入に際して何をどこまで重視するかは飼い主様次第ではありますが、家族の一員として長く過ごすにあたって軽視できないものばかりです。

  • 大きさ。豆柴においては体格の小さなものほど高価になる傾向があります。
  • 毛色。多く生まれるものほど価格が安く、一般的には赤→黒→白の順に高価になっていく傾向があります。
  • 雌雄。雌は雄よりも値段が高くなります。出生比率が雄のほうが多く雌は少ないことに加え、雌には子犬を産ませたいという方の需要が加わるためです。
  • 犬質。血統書や体系など、柴犬としての優れた顔貌・体型・被毛・性質を備えているものほど高価になる傾向があります。
  • 性格。明るく活発で無駄吠えせず、飼いやすい性格を備えているものほど高価になる傾向があります。遺伝による素養が大きいため両親犬や近縁の犬の性格が重要です。
  • 健康良否。健康な両親犬から生まれ、清潔で健康的な犬舎で育ったものほど高価になる傾向があります。
  • 訓練性能。しつけやすく覚えのよいものほど高価になる傾向があります。遺伝による素養が大きいため両親犬や近縁の犬の性格が重要です。
  • 社会性訓育。犬社会や人間社会における社会性を身につけるための訓練であり、適切な訓練を受けたものほど高価になる傾向があります。なお犬の社会化期は1度のみであり、日齢28日から90日頃までに適切な訓練を受ける必要があります。
  • 保証及びアフターサービス。生命保証や健康保証などの保証、および飼育指導などのアフターサービスが手厚いほど高価になる傾向があります。

豆柴子犬

黒の値段は、一般的に赤豆柴よりも高いのが普通です。低犬質は別

豆柴子犬

豆柴の場合も一番多く飼われているのは赤。普通犬質なら割安です

豆柴子犬

白は特に値段の差が大きく、良いものは黒や赤よりも高くなります

豆柴子犬

赤胡麻は赤と同程度の値段ですが、黒胡麻は高価格となります

ブリーダーの方針による違い

価格の設定は、先述の価格構成要件のうち何をどこまで配慮するかで決まり、それは各ブリーダーの意思・方針によります。以下に、よくあるブリーダーの方針をまとめます。これに照らせば、いわゆる「安物買いの銭失い」を避けることができるでしょう。

  • 豆柴であれば(時には発育不良の普通柴)何でも構わず、価格の安さだけで誘引する。
  • 子犬のときの大きさだけは一応の配慮する。
  • 大きさと犬質に配慮する。前2例よりはいくらか良心的。
  • 大きさ、犬質に加えて、性格と健康良否にも配慮する。これは健康管理を実際に徹底しているブリーダーのみがなせる価格設定であり良心的です。よい犬を求めるのであればここが最低ラインです。
  • 大きさ、犬質、性格、健康良否、訓練性能、社会性訓育、保証及びアフターサービスのすべてを徹底する。この価格設定は理想の計画繁殖が確実に行われて始めてできるものであり、これこそが富士野荘の行っている系統繁殖の真価です。

ブリーダーの形態による違い

ブリーダーの形態によって繁殖の姿勢に差があり、それが価格に反映していることも見逃せません。日本のブリーダーを大別すると二つのタイプに分類できます。このタイプの違いによっても、値段のつけ方は異なってきます。

  • 昔からその犬種が好きで、あるいはある思い入れがあって、専らその犬種のみの繁殖を行ってきたブリーダーです。犬の先進国イギリス等では当たり前のブリーダーのタイプです。
  • 流行犬種を追い、その犬種が飽和状態になり値段が下がってくると、次の流行犬種というように、次々と犬種を乗り換える、言わばサーフィン的ブリーダーです。これには素人の新規参入も入ります。豆柴であれば、豆柴のことをよく知らないまま金儲けの手段としているブリーダーです。

前者はプライドがありますから、価値相応の価格をつけています。後者は後発ですから、価格を下げれば売れる、と考えます。これらのブリーダーが扱う犬のレベルは当然ですが大きく異なります。そのレベルの違いから、価格にも10万円台から40〜50万円くらいまでの大きな幅ができます。

保証制度の充実度

富士野荘における補償制度には、引き渡し1カ月間の医療費負担制度、満一歳になるまでの生命保障制度、さらには、豆柴としての大きさの保証は一定のサイズ以上になった場合の契約解除・全額返金制度が利用できるなど、他に類例のない保証制度があります。

結論:価格が高いか安いかは、金高の高低ではなく、個々の実質価値で決まる

購入した子犬が死んでしまった場合に備えた生命保証制度を設けているブリーダーもあれば、ないところもあります。大きさの保証然りです。混合ワクチンはどこまで接種しているか、社会性訓育や訓練はしてあるのかないのか、去勢や避妊手術はしてあるのかないのか、また無駄吠えするのかしないのか、性格はどうなのか等など、ブリーダーによって売っている犬はまちまちです。また、それによって引渡し日齢も異なってきます。

子犬の価格が安いか高いかの判断は、本当はその子犬がどれだけの内容を備えているか、実質価値を値段の根拠としなくてはならないのです。つまり、1万円と10万円の子犬とでは、1万円の子犬の方安いという単純な金額の比較で生き物を選んでいると、後悔する羽目になりかねなません。現に10万円で極小豆柴を売っていたので、同じ極小豆柴なら安い方が良いと思って買ったら普通の柴、それもオーバーサイズの柴犬になった、実名は出しませんが某豆柴ブリーダーから豆柴を35万円で売っていたので安いいと思って買ったら、翌日から毎月病院通い、挙句8歳という短命で死亡、死ぬまでに500万円以上の医療費を獣医さんに支払ったという方もいるのです。

販売
業者
販売価格 生命保証 引渡
時期

ワクチン
接種回数

避妊去手術

社会性
育訓練

散歩に連れ
出せる時期
Aブリーダー 18万円
33万円以上
なし 生後50日以上2 6種1 未手術 なし 3か月の最終ワクチン接種が済む迄不可
Bブリーダー 25万円
50万円以上
先天性疾患による死亡に限り14日間 生後50日以上2 51 未手術 なし 3か月の最終ワクチン接種が済む迄不可
Cブリーダー 18万円
30万円以上
1週間。ただし伝染性疾患による病死に限る 生後50日以上2 未接種 未手術 なし 3か月の最終ワクチン接種が済む迄不可
Dブリーダー 25万円
35万円以上
1週間。ただし伝染性疾患による病死に限る 生後50日以上2 51 未手術 なし 3か月の最終ワクチン接種が済む迄不可
Eペットショップ 35万円
130万円以上
2か月以内の死亡は半額で代替犬提供 生後50日以上2 6種1 未手術 なし 3か月の最終ワクチン接種が済む迄不可
富士野荘 30万円~
50万円以上※
病名を問わず満1歳迄 生後100日以上 3種、2種各1回 92 手術済渡し※ 社会性訓育・訓練済※ 即日可能

※ 社会化訓育・訓練・手術は別途  2 売れ残りによる日齢経過もあり、要注意。

富士野荘の生命保証は、死亡原因となる病名は一切問わず満1歳に達するまで有効です。それができるのも、他では類例を見ないほどの最高の環境、たっぷりの愛情の中で、健康に育ったからです。本当は2年でも3年でも保証出来る自信はあるのですが、後は飼い主様の責任と愛育に委ね、一応の区切りとして満1歳までとしました。

なお富士野荘の豆柴の価格は、例えば赤雄の場合30万円位から、極小豆柴は35万円位からとなっており、いずれも上は50万円を超えるのもいます。この価格は、ここまで説明してきたすべての価格構成要件を加味した適正価格であり、富士野荘の自信のあらわれです。

子犬の健康保証サービスの違い

工業製品の製品保証では一か年間以内の故障については無料修理しますというものがよくありますが、それらの製品はまず保証期間内には故障しません。ところが生き物である豆柴の場合、お引き渡し直後というのは最も環境の変化が大きく、最も病気になりやすい時期です。

このためブリーダーによっては、お引き渡し後1ヶ月を目安に医療費を補償する制度を設けているところもあります。多くは上限を5,000円などとしているようですが、富士野荘のお引き渡し一カ月間の医療費補償制度では治療費の全額を当犬舎が負担しています。これも富士野荘の子犬の健康に対する自信のあらわれです。

サイズ保証の違い

「豆柴で買ったのに、普通の柴犬の大きさになってしまった」という事例を多く耳にします。これでは、お買いになる立場からすると、不安になるのも当然です。そこで富士野荘では、販売した『豆柴』が万一、体高が雄であれば37.9センチ、雌であれば34.9センチ以上に達した場合、100パーセント補償、つまりお支払いいただいた代金全額を返金します。

富士野荘においては当初から当然のこととして行っているこのサイズ保証ですが、最近はこれを真似ているブリーダーも増えてきたようです。ところが内容と実績はまったく違います。中には業界で最初に始めたかのような宣伝をしているところさえありますが、ここにいたっては何をか言わんやです。

お客様の中に「今度は本物の豆柴を飼いたいので来ました」とおっしゃる方が時々おられます。話を聞いてみますと、豆柴で買ったのに体重が12キロになつた、14キロになった等など、それも申し合わせたような内容です。それなら初めから5、6万円の普通柴を買った方がいいのです。私どもの豆柴は、売りっぱなしの名ばかり豆柴とは違って、いずれも自信の三大保証の利用できる豆柴です。

保証制度は実績の裏付けが必要

医療生命サイズ等々の保証制度は、それをどのくらいの期間行うのか、内容は満足できるものなのかの評価が必要です。それも、あるかないかだけでは駄目です。宣伝するだけは簡単ですが、本当に実行しているのかどうかと、それを実行できるだけの裏づけがあるのかどうかが確認されなければ、正しい値段の評価はできません。

アフターサービスの充実度

飼育、しつけ、訓練など飼育関連の指導といったアフターサービスは、安心して子犬を迎え入れるにあたって非常に重要です。平成25年9月の『改正動物愛護管理法』施行は、悪質ブリーダーにまつわる次のようなトラブルが背景になっています。

  • ネットで注文したところ、到着して間もなく死亡したのでブリーダーに連絡をとろうとしたところ所在さえもつかめない
  • 着いた時から病気をしていたが何らの責任も取ってくれない
  • 飼い方について質問しても返事すら帰ってこない

このように売りっぱなしの無責任な対応をするブリーダーであれば、安い価格での販売も可能でしょう。しかしいくら安いからといっても、これで困るのは飼い主様です。正しい値段の評価をするためには、アフターサービスの充実度も加味されなければなりません。

期間も回数も無制限の飼育指導

飼育指導は期間の制限、回数の制限はなく、その犬の生涯にわたって行います。一例をあげますと、スイスに連れて行かれたお客様への飼育アドバイスがあります。ヨーロッパでは飼い犬が満一歳になると、飼育を継続していいかどうかについては試験によって決められ、それに合格しないと飼えなくなる法律があり、その実技試験合格を目指して大変努力なさった方からの飼育指導についてのご相談のメールが毎日のように参りました。それに対して都度、アドバイス申し上げてまいりました結果、お蔭さまで無事合格しましたとの嬉しいお便りをいただき、こちらまで嬉しくなりました。

優れた豆柴をお届けする取り組み

訓練性能を重視した系統繁殖

訓練性能(覚えのよさやしつけやすさ)は遺伝による素養が大きく影響します。一般家庭で飼うのに高度な訓練はしないまでも、最低限必要なことを教えるとき性能が悪く、なかなか覚えてくれなかったり、家族の言動が理解できず、家庭の生活の輪に溶け込まなかったりでは困ります。

したがって富士野荘では、大きさや体型ばかりでなく、性格と訓練性能を重視した系統繁殖をしております。こうしたことも価格に反映します。

社会性訓育の実施

ご家庭にお迎えいただいてからは、家族の一員として共に暮らすうえで重要なのが社会性訓育です。それは最低60日までの飼育を必要とします。平成25年9月から施行された『改正動物愛護管理法』では、生後45日までの子犬は引き渡してはならない、となりました。それは、それまでの間親兄弟とともに飼育しておくべきだからとのことです。それより早いと社会性が伴わず、色々と問題行動のある犬になるからだということです。

しかしそのくらいでは社会性は身に付きません。親兄弟と一緒に過ごしただけでは無意味とまでは言いませんが、その程度では大した効果はありません。確かな社会性のある子犬に育てるには若犬、成犬も交えた何十頭もの群れの中で訓育することが重要なのです。しかも、それは単に群居させるだけではなく、専門のトレーナーが専従して教育に当たらなければなりません。

子犬を親兄弟からいきなり、それも若日齢で離してご家庭に送り出したり、ショーウィンドウに飾ったりすることは、犬の性格形成の上で好ましぃありません。まして40日、 あるいはその近い日齢で離乳することはとんでもないことと言うべきで、 絶対に避けなければなりません。社会化のためには、親兄弟ばかりではなく、多くの犬との触れ合いが必要です。

生後45日位から始まる社会性訓育

富士野荘では、親兄弟から離していきなりお客様にお渡しすることはいたして居りません。 お母さん犬と一緒にいる生後45日位から、何十頭もの群れに交っての社会性訓育を行っています。社会性訓育中は、群れの中には繁殖のために育成中の若犬、成犬、しかも雄雌区別することなく群居させております。それが社会性訓育上絶大な効果を生み、成犬になってからの性格さえも支配しますので、非常に重要なことです。

このように多くの他の犬たちと、広い芝生の運動場での社会性訓育は、専従の担当者がつきっきりでこれにあたっております。それはとりもなおさずストレスのない快適な生活であり、寿命さえも支配するといっても過言ではありません。「三つ子の魂百まで」といいますが、それは育った環境も影響します。子犬も同じです。

生後3か月までの社会性訓育・初歩訓練後のお引き渡しを推奨

富士野荘では生後3か月、社会性強化訓育及び初歩訓練済み渡しを推奨しています。その理由は生後2か月から、生後3か月の間は性格形成上一番重要な時期で、しかもそれは、単なる訓練のように後から出来ることではないからです。

生後3カ月になったら、8種混合ワクチンの追加接種をしなければなりません。それが済んで抗体が完成まで外歩き、他の犬との接触は避けるべきだと獣医さんは言います。ところが、それまでの間が社会化上できる限り最も他の犬との接触・交流を必要とする時期なのです。

犬の生後2か月は人間の3歳児、3カ月では5歳児に相当するのです。この間、保育園にも、また幼稚園にも行かせてはダメ、他の子どもたちと遊ばせてもいけないと言っているのと同じことです。この時期に権勢症候群は芽生えます。主従関係をしっかり身につける上からも必要なのです。

少ない予算で豆柴を買う方法

豆柴を求められる方には、予算にはこだわらない、最高レベルの小豆柴・豆柴が欲しいという方、これくらいの予算で抑えたいという方、いろいろです。一番多いのは普通程度か、普通程度よりも少し上を希望される方ですが、子犬に拘らなければ10万円でも、また5万円でも買えるの豆柴犬もいます。あくまで、ご自分の条件に合った選び方をすれば良いです。

普通程度の豆柴の子犬は30万円~

体型、大きさ、訓練性能、性格などによってランクが決まり、そのランクによって、またその子犬が雄であるか雌であるかによっても価格が変わります。子犬はすべて別個の個体ですから一概の価格づけはできませんが、富士野荘における一例としては次のようになっています。

  • 豆柴から生まれた子犬で、毛色は赤、雄の場合、価格は30万円を下限にランクによって決定
  • 極小豆柴から生まれた子犬で、毛色は赤、雄の場合、価格は50万円からとなります
  • 毛色は赤→黒→白の順に、価格が上がります

価格には消費税が加算されます。いずれも8種混合ワクチン接種済、生後2か月渡しの子犬です。こちらの入手についてはご購入までの流れをご覧ください。

これに加えて富士野荘では、3か月までの社会性訓育及び初歩訓練、並びにワクチン追加接種済渡しをお勧めいたします。更に、去勢・避妊手術完了、および狂犬病予防注射済渡しであれば、より理想的です。ただし、これらの費用は別料金となります。

お支払いも現金だけではなく、分割払いご希望の方には、豆柴ブリーダー唯一のローン会社による長期ローンのご利用も出来ます。ご遠慮なくご相談ください。

20万円前後から買える豆柴もいます

豆柴は飼いたいが、予算は低く抑えたい、とお考えの方のご要望にもお応えできる、安価にお譲りできる犬もいます。これらは主として、以下のような犬です。

ただし、私たちが我が子同然に育ててきた犬たちですから、里親となっていただける方にも条件があります。豆柴の里親募集をよくご覧のうえ、お問い合わせください。

関連情報

最終更新日: